実装されている機能

リードの管理は、マーケティングオートメーションに搭載されている機能の中でも、中核をなすものと言えます。こちらの機能を利用すれば、各リードのコンタクトに関する情報のみならず、ウェブページへのアクセスやメール開封など、行動履歴までも記録することが可能です。

また、MAには、ウェブページの訪問者をリードに変えるために使用する登録フォームも実装されています。より多くのリードを獲得するためには、流入経路やランディングページごとにフォームを設置すると効果的です。最近では、主にマウス操作によって、簡単に登録フォームを作成することのできるマーケティングオートメーションが増えて来ています。

そして、リードの行動履歴を分析し、その購買意欲を可視化・数値化する「スコアリング」と呼ばれる機能も、MAに搭載されている機能の1つです。また、獲得したスコアが一定のレベルに達するリードを、すぐに営業活動を始めるべき「ホットリード」として抽出する機能もあります。スコアリングの機能は、ほぼ全てのマーケティングオートメーションに、デフォルトの機能として実装されています。MAには、その他にも、リードナーチャリングや各種分析の機能が搭載されています。

導入による利点など

マーケティングオートメーションを活用すれば、マーケティング業務をワークフローとして、必要に応じて自動化することが可能となります。そのように、マーケティング業務の一部を自動化すれば、ヒューマンエラーが減少し、作業の精度が高まるというメリットがあります。また、マーケティング業務を行なうために掛かる時間が短縮され、当該セクションの生産性が向上するという利点も存在します。

また、MAに実装されているメール配信とウェブ解析の機能、リード管理データベースを利用すれば、それぞれのリードのウェブ上における行動履歴を記録することが可能です。そのようにして得られた行動履歴を分析すれば、各々のリードの潜在的なニーズを把握することが可能になります。

現在、マーケティングオートメーションのソフトウェアを提供している会社は複数存在し、それぞれに実装されている機能には違いがあります。そのような状況の中で、各企業は、ターゲットとする顧客層や自社のポジショニングにマッチした機能の搭載されたソフトウェアを選択することが可能です。とは言うものの、メール配信やランディングページ、フォーム、リードの分析、スコアリング、リード管理、キャンペーン管理、マーケティング分析などは、ほぼ全てのソフトウェアに実装されている機能です。

ソフトの概要と特徴

最近では、マーケティング関連のキーワードとして、「マーケティングオートメーション」という言葉を耳にするようになりました。この言葉は、米国のベンチャー系企業によってつくり出され、後にマーケティングオートメーションを開発した企業が日本にも進出しました。日本国内では、「Marketing Automation」という英語表記の頭文字を取って省略し、「MA」などと呼ばれることもあります。

MAは、企業のマーケティング活動を効果的に、効率的に行なうために用いられる、メールやソーシャルメディア、ウェブなどを活用したソフトウェアです。従来は、アプリケーションを自社サーバーにインストールするものが選択されてきましたが、最近になって、市場では、クラウド型のものを多く見かけるようになりました。

マーケティングオートメーションが登場する前、メール配信や登録フォーム、キャンペーン管理、マーケティング分析、ウェブ解析、リードの行動分析などの機能は、それぞれ別個のツールとして存在し、使用する必要がありました。その後、登場したMAには、企業のマーケティング活動に必要となる機能が、ほぼ全て搭載されています。つまり、MAの登場によって、企業のマーケティング活動は、1つのソフトウェアだけでほぼ問題なく行なえるようになったという訳です。

マーケティングオートメーションの機能

「マーケティングオートメーション」は、最近になって耳にするようになりましたが、元々は、米国のベンチャー系企業が使い始めた言葉です。日本では、「Marketing Automation」を略した「MA」などという呼称も使われることがあります。かつてのMAは、ソフトウェア型のものが選択されていましたが、最近では、クラウド型のものが市場に多く出回っています。メール配信・登録フォーム・キャンペーン管理・マーケティング分析・ウェブ解析・リードの行動分析などは、かつて別個のツールとして存在しましたが、現在では、マーケティングオートメーションのソフトウェア1つだけで、企業のマーケティング活動に必要な機能はほぼ全て実現することができるようになりました。

MAの活用により、マーケティング業務のワークフロー化、一部の自動化が可能となります。そのようにして自動化された一部の業務では、人的エラーが減り、正確な作業を行なえるようになります。また、マーケティング業務をスムーズに、スピーディーに行なうことが可能となり、生産性が向上するのもメリットの1つです。そして、マーケティングオートメーションの機能やデータベースを利用して、各リードのウェブ行動履歴を記録し、それに基づいた潜在ニーズを割り出すことができます。

ここでは、マーケティングオートメーションに実装されている機能などについて、詳しく解説してまいります。MAの導入を検討している方は、是非参考にしてみて下さい。