導入による利点など

マーケティングオートメーションを活用すれば、マーケティング業務をワークフローとして、必要に応じて自動化することが可能となります。そのように、マーケティング業務の一部を自動化すれば、ヒューマンエラーが減少し、作業の精度が高まるというメリットがあります。また、マーケティング業務を行なうために掛かる時間が短縮され、当該セクションの生産性が向上するという利点も存在します。

また、MAに実装されているメール配信とウェブ解析の機能、リード管理データベースを利用すれば、それぞれのリードのウェブ上における行動履歴を記録することが可能です。そのようにして得られた行動履歴を分析すれば、各々のリードの潜在的なニーズを把握することが可能になります。

現在、マーケティングオートメーションのソフトウェアを提供している会社は複数存在し、それぞれに実装されている機能には違いがあります。そのような状況の中で、各企業は、ターゲットとする顧客層や自社のポジショニングにマッチした機能の搭載されたソフトウェアを選択することが可能です。とは言うものの、メール配信やランディングページ、フォーム、リードの分析、スコアリング、リード管理、キャンペーン管理、マーケティング分析などは、ほぼ全てのソフトウェアに実装されている機能です。