マーケティングオートメーションの機能

「マーケティングオートメーション」は、最近になって耳にするようになりましたが、元々は、米国のベンチャー系企業が使い始めた言葉です。日本では、「Marketing Automation」を略した「MA」などという呼称も使われることがあります。かつてのMAは、ソフトウェア型のものが選択されていましたが、最近では、クラウド型のものが市場に多く出回っています。メール配信・登録フォーム・キャンペーン管理・マーケティング分析・ウェブ解析・リードの行動分析などは、かつて別個のツールとして存在しましたが、現在では、マーケティングオートメーションのソフトウェア1つだけで、企業のマーケティング活動に必要な機能はほぼ全て実現することができるようになりました。

MAの活用により、マーケティング業務のワークフロー化、一部の自動化が可能となります。そのようにして自動化された一部の業務では、人的エラーが減り、正確な作業を行なえるようになります。また、マーケティング業務をスムーズに、スピーディーに行なうことが可能となり、生産性が向上するのもメリットの1つです。そして、マーケティングオートメーションの機能やデータベースを利用して、各リードのウェブ行動履歴を記録し、それに基づいた潜在ニーズを割り出すことができます。

ここでは、マーケティングオートメーションに実装されている機能などについて、詳しく解説してまいります。MAの導入を検討している方は、是非参考にしてみて下さい。